ムレない素材を選んで冷え対策

夏は食べ物や飲み物で意外と体が冷えやすいですが、エアコンの風によって外側からも冷やされていることがあります。

お腹や脚に触ってみてください。

夏なのにひんやりとしていませんか?

その冷えを放っておくと、血行不良や胃腸の不調のもとになることもあるので、冷え取りグッズで対策してみましょう。

お腹の冷えには、腹巻きがオススメ。

夏に腹巻きなんて、ムレて耐えられない!と思うかもしれませんが、オーガニックコットンやシルクの腹巻きは、意外と通気性が良く、ムレずに冷えは防ぐことができます。

汗疹ができてしまっているときも、衣服が触れてチクチク痒くなるのを防いでくれますよ。

脚の冷えも浮腫みの原因となるので、寝るときにはレッグウォーマーをつけてみてはいかがでしょう。

近年は冷え対策や妊活のために、寝ているときにつけていても締め付けがなく、通気性の良いレッグウォーマーが販売されています。

浮腫みが気になるときには、着圧のあるものを代わりに使うと、浮腫みがスッキリして冷え対策もできるのでオススメです。

ムレにくい素材を選び、夏でも快適な冷え対策をしてみましょう。